水宅配

水宅配でミニサイズを頼むメリットについて

水宅配は現在様々なメーカーがサービスを提供しています。
中には卓上サイズのミニウォーターサーバーもあります。
利用スタイルによってはウォーターサーバーには様々なメリットがあります。

 

なんといってもミニであるからこそ、場所を取らない事が一番のメリットです。
立ち場では大きなウォーターサーバーでもそれ程場所の問題もありません。
座敷などでかつ、狭い場所であれば、卓上にコンパクトに設置できるミニサーバーは便利です。

 

また、補充サイズが小さい事もメリットです。
水宅配で配達されてきた水にも賞味期限がありますし、開封後時間が経てば経つほど
水の鮮度は落ちます。
サイズが小さい為にいつでも新鮮な水を飲むことができます。
ただし、それだけ交換の頻度が多くなることは確かです。
その為、利用量が少ない時にはありがたいのですが、利用料が圧倒的に多い時には、
スペースの確保に力を注いだ方が良いでしょう。
場所も取らず、賞味期限の事を考えても便利なミニサーバーですが、補充の手間を考えると、
家庭用等、小規模での利用に適していると言えます。

 

経済産業省の発表によると2008年のペットボトルの販売量は約60万トンです。
そのうち回収されている量は約50万トンである。1993年のペットボトルの販売量が
約12万トンであるから、毎年1993年のペットボトルの販売量に匹敵する量が
ゴミとして廃棄されている現状があります。

 

この数値を減少させて地球に優しい社会を作るのであれば、オフィスや自宅、公共施設に
ウォーターサーバー置くことが有用です。

 

なぜならウォーターサーバーが社会のいたるところに設置されていれば、ひとびとはウォーターサーバーの
水を利用するようになり、ペットボトルの飲料の購入を控えることになるからです。

 

そううなれば、ペットボトルの生産量が減少しゴミもへることはあきらかです。
確かに、リサイクル技術を向上さればよいという意見は傾聴に値します。
しかしリサイクルよりも、ウォーターサーバ産業を活性化させて、ゴミの減少を図るとしたほうが、
資本主義社会において企業のインセンティブが働きやすく効果的です。

 


相互リンクECONOMIC相互リンクライフリンク ダンプポイントで副収入東灘区 中古マンション